ファクタリングで中小企業をサポート

ファクタリングで中小企業をサポート 資金面で中小企業をサポートしてくれるのは何も銀行ばかりではありません。
ファクタリングも上手に使えば、とても便利なサポーターになるはずです。
ファクタリングは簡単に言ってしまえば、売掛金を買い取ってもらって現金化する手法のことをいいます。
もちろん売掛金を額面そのまま買い取ってくれるというわけではなく、額面よりもいくらか安い値段での買取となり、その差額はファクタリング業者の収益ということになります。
そんな手数料が取られるならば、利用したくないと考える人もいるかもしれません。
たしかにお金が手元にいっぱいあって、資金繰りなどに何も困っていないなら、このようなサービスを利用する必要はないでしょう。
しかし、中小企業の多くは資金繰りに悩んでいる場合が多く、今日明日のお金のやり繰りに苦しんでいることも少なくありません。
そんな時には銀行融資を申し込んでいる暇すらないものです。
そこでスピーディーに現金化できるファクタリングの出番ということになります。

ファクタリングは中小企業が過去に自己破産をしても資金調達が可能

ファクタリングは中小企業が過去に自己破産をしても資金調達が可能 中小企業が過去に自己破産をしてブラックリストに登録されている状態であれば、ローンの類は利用ができません。
7~10年間は信用情報に載りますので、一切の借入はできないのです。
信用情報は嘘をつきませんので、自分が虚偽の記載をしてもバレてしまいます。
即日融資を売りにするキャッシングであっても、債務整理をした人には融資をしてくれません。
こうした状況で資金を調達するためには、手段は非常に限られてきます。
ファクタリングが注目されている理由は、売掛債権をファクタリング会社に売却して資金調達ができる点です。
債権担保ローンとの違いは担保にするのではなく、あくまで売却してしまうことです。
そのため担保融資とは区別されており、契約において信用情報は関係ありません。
自己破産をしてブラックリストに載っている中小企業であっても、ファクタリングなら問題なく資金調達ができます。
最短即日で調達できる会社もあるので、緊急時の金欠で役立つでしょう。

新着情報

◎2019/7/23

中小企業に入る調査
の情報を更新しました。

◎2019/6/28

サイト公開しました

「ファクタリング 現金」
に関連するツイート
Twitter