中小企業に入る調査

中小企業に入る調査 ファクタリングは中小企業でも利用しやすい資金調達とされていますが、希望者が全員審査に通るというわけではありません。仮審査や本審査といった調査が行われ、ここで利用の可否が判断されます。主に行われるチェック内容は、売掛債権の質と会社の経営状況についてです。

ファクタリングは売掛債権を売却することで現金を獲得する方法ですから、その質が問題となります。金額の大きさに加え、継続した取引があること、確実に入金されているかどうかや入金までの期間などの詳細が確認されます。また、売掛先の会社の信用度や経営状況に関するチェックも行われます。大企業や行政機関との取引で生じた債権であれば、審査に通りやすくなります。

ファクタリングを希望する中小企業の経営状況については、売掛債権の質ほど細かいチェックが行われるわけではありません。決算書などを通して倒産のリスクはないかが確認されます。黒字経営であれば、全く問題はありません。ただし、経営者へのヒアリングを行うファクタリング業者も決して少なくありませんので、事業主は経営状況をしっかりと把握しておきたいところです。

中小企業間で多いファクタリングと売掛先の同意

中小企業間で多いファクタリングと売掛先の同意 ファクタリングを行う場合、売掛先に知られないように2社間で行う場合と、同意のもとに3社間で行う場合があります。中小企業の場合は資金的な体力が弱いことが多く、自転車操業的な経営をしていることも少なくありません。そのようなケースでは売掛金が入らないと、運転資金が底をついてしまうということも起こりえます。

しかし、売掛先にも事情があるでしょうから、すぐに代金を支払ってくれと要求するわけにもいきません。2社間でのファクタリングでは、売掛先に迷惑をかけたり、ファクタリングを行っていることを知られることがありませんが、手数料が3社間で行うよりも高くなってしまいます。そのために売掛先の同意の上であれば、手数料の安い3社間のほうが有利なのです。またファクタリング会社にとっても、3社間のほうが回収リスクが少ないというメリットがあります。3社間での交渉のポイントとなるのは、売掛先の業者との信頼関係ということになりそうです。

新着情報

◎2019/7/23

中小企業に入る調査
の情報を更新しました。

◎2019/6/28

サイト公開しました

「ファクタリング 企業」
に関連するツイート
Twitter