中小企業の資金調達に使えるファクタリング

中小企業の資金調達に使えるファクタリング 現在の景気状況下においては、中小企業の経営者は運転資金の調達に頭を悩ませていることが多くて、事業展開や先行的な投資にまで至らないのが現状です。
国や地方自治体による助成金や金融機関からの融資を、受けることができる確約は残念ながらありません。
通常の商取引では、サービスの提供側が債権を有する債権者となり、サービスを受ける側が期間内に債権者に支払いが求められる債務者となります。
債権者からすれば即日現金化を希望しますが、債務者は期日までの間に別の事業展開などを望むこともあります。
こうした両者を良好に関連付ける方法が、ファクタリングです。
ファクタリング会社が双方の間に入り、債権者に対しては支払いを迅速に行い、債務者に対しては通常の支払期日が継続されるという方法です。
債権者だけとファクタリング会社がやり取りするケースと、両者それぞれとやり取りを行うケースの二つが存在します。
二者間では即日回収の可能性が高いことが多く、三者の場合は売り掛け先の理解が必要にはなるものの、安価な手数料となることが多いです。
これら二つの方法にそれぞれ利点と欠点とがありますが、ファクタリングを有効に活用することで、支払いの迅速化や商取引の良好な継続が期待できます。

3社間ファクタリングは中小企業が大手企業に了承を得る必要がある

3社間ファクタリングは中小企業が大手企業に了承を得る必要がある 売掛金を入金日よりも早めに現金化して調達することが可能なファクタリングサービスは、中小企業にとって正当な資金を調達する手段として、経済産業省も利用することを推奨しています。
金融系のファクタリングサービスは銀行やその子会社、貸金業の登録を行っているノンバンクが運営しているサービスです。
提供しているのは、主要な取引先が大手企業である3社間ファクタリングであることが前提となっているため売掛先に承諾してもらう必要があります。
手数料で差し引かれる割引率は、およそ1パーセントから5パーセントぐらいまでとビジネスローンや銀行融資の金利とほとんど変わらない水準となっていますが、その分審査の基準は厳しめになる傾向です。
3社間ファクタリングは大手企業から了承を得るプロセスの中で、中小企業の経営状態を疑われるのではないかと言う理由で避けられる場合が少なくありません。
しかし経済産業省が利用を推奨しているぐらいなので、もっと堂々と利用して良いサービスと言うことになります。

新着情報

◎2019/7/23

中小企業に入る調査
の情報を更新しました。

◎2019/6/28

サイト公開しました

「ファクタリング サービス」
に関連するツイート
Twitter